2018年12月19日
  • クラッチ・ショットはバスケットボールを愛する全ての人のためのサイトです。

NIKE CM 若きレブロン・ジェームスが初めてのタトゥー”Chosen 1″

lebron

2017-2018、NBAファイナルは4年連続同一カード、ゴールデン・ステート・ウオリアーズvsクリーブランド・キャバリアーズの対戦となりました。

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームスに至っては8年連続NBAファイナル進出という驚異的な記録を更新しました。

いつもレブロン・ジェームス、コービー・ブライアント、マイケル・ジョーダンを比較して誰が最高なんだという議論が持ち上がりますが、当事者の一人でもあるコービー・ブライアントはこの8年連続NBAファイナル進出を決めたレブロン・ジェームスを称え、そうした誰が最高かなんかという不毛な議論はやめて今を楽しもうっと自身のツイートでつぶやいています。

このタイミングでNIKEは10代のレブロン・ジェームスがラスベガスのタトウーショップを訪れ始めてのタトウー”Chosen 1″を店主に手渡すシーンのコマーシャルを公開しました。

心温まるコマーシャルを是非チェックしてみてください。

そしてレブロン・ジェームスとステフィン・カリーという全く違った個性のスーパースターの対決、2017-2018NBAファイナルを存分に楽しみましょう。

NIKE Re-Lives The Moment A Teen-Aged LeBron James Got His First “Chosen 1” Tattoo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。