2018年10月21日
  • クラッチ・ショットはバスケットボールを愛する全ての人のためのサイトです。

マイケル・ジョーダン ドキュメンタリー “The Last Dance”

jordan

またもマイケル・ジョーダンに関する映像のニュースが入ってきました。

ESPNとNetflixがマイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズ時代に成し遂げた2度目の3ピート(3年連続NBAファイナル優勝)97-98シーズンを取り上げたドキュメンタリー全10話を2019年に配信することになりました。

また、”The Last Dance”ドキュメンタリーを記念してNIKEからマイケル・ジョーダンのユニフォームが発売されます!

ユニフォームに埋め込まれたICチップでいち早く”The Last Dance”内容を知ることができるらしい。

マイケル ジョーダン

chicago bulls

“The Last Dance”

1997-98シーズンは、フィル・ジャクソン監督がシーズン後の退任を早い時期から仄めかしており、ピッペンはチーム経営陣との関係を悪化させていた。強豪ブルズは今年で最後かという観測を、マスコミはジャクソンの表現を借りラストダンスという言葉で表した。復帰以降、マスコミやファンはしばしばジョーダンの年齢を話題にするようになっており、「いつまでプレーするか」が関心の的になっていた。ジョーダンは「ジャクソン監督とピッペンが辞めれば自分も辞める」と発言していたが、自身の進退については明言を避けていた。

このシーズンはブルズの2度目の「スリーピート」がかかっており、様々な意味で注目を集めることになった。

ブルズはNBAファイナルに進出し、対戦相手はこの年もユタ・ジャズだった。両チームともレギュラーシーズンは62勝20敗だったが、シーズン中の対戦成績に勝っていたユタ・ジャズがホームコートアドバンテージを得ていた。

5戦目までで3勝2敗でシリーズの舞台をユタに戻し、臨んだ第6戦、ジョーダンは残り5.2秒で決勝シュートを決め、ブルズに6度目の優勝と2回目のスリーピートをもたらした。この時、解説者のアイザイア・トーマスは「第4クウォーターのマイケルは殺し屋 (killer) だ」と述べた。

ジョーダンはシーズン終了後の1999年1月13日に2度目の引退を発表した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。